IoT時代のセキュリティ|テレマティクスとクラウド型サービスVidyoの使い分け
男の人と女の人

テレマティクスとクラウド型サービスVidyoの使い分け

IoT時代のセキュリティ

メンズ

IoTはあらゆるデバイスや機器にインタネットを接続し、互いにネットワークを組んでしまおうという思想です。IoTが登場したのは近年で、そこまで歴史のあるわけではありません。しかし近年IoTの進化は凄まじいスピードで進化し、数年先にはあらゆるデバイスが常にオンライン状態を維持し、ヒューマンインタフェース自体も大きく変わるであろうという予想がされています。IoTが実際に当たり前になると様々な事が可能になります。例えばディスプレイを見てインタネットに接続するという行為がレガシーになるとされています。というのも身の回りにある様々なデバイスがインタネット接続ができるため、例えば人に質問するように身の回りのデバイスに質問するだけで音声認識で拾ってくれるようになります。実際に現在こういった技術はスマホなどに搭載されていて、この技術がどこでも利用できるような状況になるでしょう。こうなると必ずしもスマホなどの特定のデバイスを持たなくても気軽に人とインタネットが繋がることが出来ます。非常に便利でIoTは更に一般化するであろうという動きがある一方で、懸念材料というのも山程あります。まずいちばんの懸念である事にセキュリティリスクがこれまでとは桁違いになるだろうとされています。これまでではセキュリティリスクで影響の受けるものといえばスマホやPCなどのデバイスのみでしたが、IoTが一般化すると身の回りの全ての物にセキュリティ被害が生じてしまいます。例えば住宅にある製品などがウイルス被害に遭ってしまうとまともに日常生活が出来ない状況になったりするでしょう。冷蔵庫や電子レンジが勝手に起動したり電源が切れたりといった愉快犯的行為から始まり、被害が進むと人的被害が生じる場合もあります。IoTが便利なのは目に見えてわかることではありますが、簡単に普及させることが出来ないのはこういったリスクが有るからです。ただしこういったリスクはセキュリティ対策をしっかりと行なうことである程度回避することが出来るともされています。ただ確実にリスクが増えることは間違いなく、IoT時代のセキュリティ対策は今よりもより広い範囲で深く考える必要があるとされています。