IT

テレマティクスとクラウド型サービスVidyoの使い分け

IoT時代のセキュリティ

メンズ

IoTは全ての物にインターネットを接続しようという思想ですが、IoTが広く一般化した時代ではさらにセキュリティリスクが高くなるとされています。勿論セキュリティ対策に関しても現在とは異なった形で行われることになります。

詳しく見る

おすすめ関連サイト

  • ixMark 法人向けクラウドファイルサーバーなどixMark(イクスマーク)

    クラウドのバックアップに特化したシステムはこちらがお勧め。セキュリティも万全!コストパフォーマンスも良し。

情報通信の汎用化

システム

私達の一般的な生活の中で情報通信と言えばPCを使用した検索だったり、またスマホなどを用いた通信などが一般的です。これ以外には情報通信を行なう機会は無いと思っている方も多いでしょうが、実は情報通信は既に人間の手を離れ、機器間で通信を行い人間に答えだけを提示するという活用の仕方がされています。例えばテレマティクスなどは自動車に搭載するカーナビゲーションなどを可能にした概念で、カーナビゲーション以外にもテレマティクスに影響を受けて登場した自動車に搭載するデバイスなどは多数登場してきています。例えば現在走っている地図情報をGPSで検索し、自動的に天気予報を運転者に提示するという技術もテレマティクスを用いています。また最近ではカーナビゲーションに搭載されていますが、渋滞情報をインターネットなどから取得し、警告アナウンスを行ったりするのもテレマティクスの概念で登場しました。
テレマティクスは移動しながらでも通信が出来る移動通信システムを用いたサービス郡の事を一般的に指します。そのため一般的には自動車などに組み込まれる事になりますが、勿論自動車だけではありません。例えばスマホなどもキャリア回線を用いていて、歩きながらでも通信を維持することが出来ます。最近ではスマホのナビゲーションアプリなどが登場し、見知らぬ土地を訪れたとしてもアプリがナビゲートしてくれます。そしてカーナビゲーションと同様に様々な情報をユーザーに提示してくれます。これらもテレマティクスであり、何も自動車だけの技術ではありません。テレマティクスは今後クラウドと連携することで更に大きな情報通信ネットワークを構築することが出来るだろうとされています。既に一部では実現している機能ですが、同一メーカーの自動車であれば事故情報などを互いに共有し、事故現場に近くなると情報を提示するなどのサービスが行われています。テレマティクスとは異なり移動せずに遠く離れたスタッフとミーティングを行なう方法の1つとしてVidyoなどのクラウド型会議システムが注目されています。Vidyoならわざわざ遠くにいるスタッフの元へ行かなくてもネット通信を活用してその場で話している感覚で会話できるのです。このようなシステムを取り入れることで、大幅なコスト削減が可能です。

ピンポイントのセミナー

男性

オンラインセミナーはオンライン上でセミナーに参加することが出来る画期的なアイデアです。非常に魅力的な特長が多く、会場代が不要なためニッチなテーマのセミナーが簡単にできるという特長も持っています。

詳しく見る

IoTの活用

女性

IoTはこれからの先の未来で当たり前になるインターネット接続の標準化を目的とした思想です。IoTが一般的になるとそれを処理するためのプラットフォームなども必要になるとされています。

詳しく見る